〒104-0061 東京都中央区銀座5-9-13銀座菊正ビル3F03-6263-8851

発達障害

発達障害が疑われる患者様に対するTMS治療

注意欠陥多動性障害(ADHD)

ADHDは日本語では「注意欠如・多動症/注意欠如・多動性障害」と訳されます。名称が示す通り、不注意・多動性・衝動性の3つを主な特徴とし、これらによって社会生活に支障をきたす障害と定義されます。通常12歳以前に発症します。
「不注意」とは、勉強など気がのらないことには全く集中が続かない、ケアレスミスや忘れ物、なくしものが多い、忘れっぽく、予定や約束をすぐ忘れる、計画・整理整頓・片付け・時間管理ができないなどの症状です。
「多動性」とは、落ち着きがない、じっと座っていられない、座っていても手足を動かすなどの症状です。
「衝動性」とは、順番が待てない、他人の話に口をはさむ、出しゃばるなどの症状です。
症状が顕著になるのは4, 5歳から小学校低学年の間で、「多動性」は思春期には改善することが多いですが、「不注意」は成人になっても残存することも多いです。

自閉スペクトラム症(ASD)、アスペルガー症候群

社会性の障害(他者と情緒的な交流ができない)、言語発達の遅れ行動や興味の著しい限定反復的情動的な行動(いわゆる「こだわり」)の3つの症状を認めます。障害が重い場合は、3歳以前から症状を認めます。社会性の障害は、乳幼児期には親との愛着関係ができない、一人遊びを好み、他の子と遊べないなどの特徴を認め、障害が軽い例では、他人の気持ちが理解できない、場の空気が読めない、言葉を字面通りに理解し、文脈が理解できないなどの症状を認めます。
知的能力障害を伴わない場合として、高機能自閉スペクトラム症やアスペルガー症候群などが含まれます。その特徴としては、友人を作ることに関心が乏しく、同年代の子供と波長が合わない。他人の気持ちや事情を考えず、自分にとって関心があることは他人も関心があると思って一方的に話す、場の空気が読めない、考えていることを声に出して言う、正直すぎる、生活がワンパターンになりやすく、日常生活動作の手順が細かく決められていて、真面目で規則を守りすぎて、融通が効かない、などの症状を呈します。

治療

発達障害は脳の特性によって起こると考えられており、ADHDの患者様に対しては、アトモキセチン等による薬物治療が標準的です。近年TMSによって薬物治療と同程度の治療効果を認めることが報告されました。さらに、アトモキセチンとTMSを併用することで、アトモキセチンやTMS単独よりも高い治療効果を認めることも報告されています(Cao et al., Neuropsychiatric Disease and Treatment)。
当院でもADHDやASDの特性を持つ患者様が多数来院されており、TMS治療を行っております。標準治療として、うつ病に準じた治療(左側DLFPCに対する活性化刺激と、右側DLPFCに対する抑制刺激)を基本としておりますが、多動が目立つ患者様に対しては、左側DLPFCに対する抑制刺激と、右側DLPFCに対する活性化刺激を行う場合もあります(Rubio et al., J Child Neurol 2016)。当院では、患者様の状態に応じて最適な治療法を提案させて頂きます。成人で発達障害の特性を持つ方のみならず、小学生や中学生など若年の患者様に対しても治療を行っております。

症例1 男性(成人)

子供の頃、落ち着きがないことを指摘されていた。最近、人の話が耳に入ってこない。次々とやることが浮かんできて、1つのことに集中できない。周囲の音が耳に入ってきて仕事に集中できない、スケジュール管理ができない、物事の優先順位を付けられないなどの症状を認めました。仕事のミスの多さや物忘れを何とかしたい、とのことでTMS治療を希望されました。
TMS治療を始めて、数回たった頃から症状の改善を自覚するようになったとのことです。発想が多すぎてつらい感じが減って頭が軽やかになってきたことを実感され、物忘れをしても思い起こすことが出来ることが増えてきたとのことです。他の事への意識が減り、タスクに集中できるようになったとのことで、仕事の効率が上がったことを実感されています。

症例2 男性(中学生)

やってはいけないことだとと分かっていても、自分の意志で止める事が出来ない。相手が嫌がっていてもしつこく続けてしまい、兄弟での喧嘩につながってしまう。勉強しようと思っても集中力が続かず、だらだらと時間を過ごしてしまう。長時間じっと座っていることができない、などの症状がありました。TMS治療を始めて、すぐに改善されたことは、やってはいけないことを自制できるようになったとのことです。またTMS治療を続けていく中で、勉強にも取り組める時間が増えてきたそうです。TMSが感情面でのコントロールに有効であった例です。

症例3 男性(中学生)

他院でADHDの特性があることを指摘されました。勉強しても集中力が続かず、暗記科目で覚えるのが苦手で、短期的な記憶がとても弱いそうです。得意科目でもケアレスミスが多く、宿題が期限内に終わらない事などを家族の方が心配されて来院されました。TMS治療を開始して、すぐに記憶力の改善への影響を認めました。座っている時間の集中力も高まり、勉強の効率が高まったそうです。TMS治療によって学業面での改善も期待できることが示された例です。

料金

Bプラン 1回7,500円(税別)
(初回のみ4,300円(税別))

一括払いコース

Bプラン 10回 69,300円(税別)

治療回数

海外の研究成果では、週に5回、セッション20~30回での治療によってADHDに伴う症状が改善することが報告されています。当院では、週1~3回、計10回の治療を1クールとし、2クール以上の治療をお勧めしております。