〒104-0061 東京都中央区銀座5-9-13銀座菊正ビル3F03-6263-8851

パニック障害

パニック障害とは

パニック障害の症状

突然胸が苦しくなり、動悸もひどく、冷や汗で背中はぐっしょり。
「死んでしまう…」そんな不安に襲われながら救急車で病院に運び込まれるが、いつもどこにも異常はない、と言われてしまう。
そんな発作を繰り返す方は、パニック障害の可能性があります。
このように、突然理由もなく、動悸やめまい、発汗、窒息感、吐き気、手足の震えといった発作を起こし、仕事や生活に支障が出ている状態をパニック障害といいます。
このパニック障害は、「死んでしまう」のではないか、と思うほど強烈で、自分ではなかなかコントロールできません。
そのため、発作が起きやすい場所や状況を避けるようになります。
特に、電車やエレベーターなど、密閉された空間が苦手で、外出困難となり、仕事に行けなくなることも多々あります。
また、未治療で重篤な発作を繰り返すと、ますます外出困難が強くなっていく可能性があります。

不安感が強く、パニック障害の症状が疑われる方は、下のセルフチェックで症状を確認してください。

セルフチェック

パニック障害の治療

ただし、パニック発作は、正しく診断が付けば、薬が効きやすい疾患でもあります。
医師と相談しながら、「パニック発作を起こさない」十分量の投薬治療が必要です。
その上で、苦手な場面に段階的に慣れていく、認知行動療法の一種である「段階的暴露療法」が有効であるとされています。
「薬に頼らず気持ちだけで治す」治療だと、かえって悪化させる危険がありますので、医師にご相談ください。

パニック障害の治療には、抗不安薬(ベンゾジアゼピン系)とSSRI(セロトニン再取り込み阻害薬)を用いる方法が標準的です。これらの薬について詳しく知りたい方は、下記のリンクの記事をお読み下さい。

ベンゾジアゼピン系の抗不安薬 セロトニン再取り込み阻害薬
ベンゾジアゼピン系の抗不安薬 セロトニン再取り込み阻害薬